スマートのための菌、集めました

話題の「菌活」とは

今女性を中心に話題になっているのが、美容や健康を意識して「菌」を積極的に取り入れる「菌活」です。「普段の食生活の中で意識して菌を摂取している」人は73%。「1日1食以上摂取している」人はなんと82%と、多くの女性が実践しているようです。

こんな方におすすめ! 毎朝スッキリしない… ダイエットしてもやせにくい 食べている量が変わらないのに、太った 食べたいものは我慢できない 若い頃と、体型がまるっきり違う

スマートのための3つのポイント

Point1 25種類の「菌」を配合

菌活には腸内細菌のエサになる菌を一緒に摂る必要があります。でも実は菌にも好き嫌いがあり、それぞれ好んだ菌だけをエサとして食べるのです。だから理想的な菌活のためには、1種類の菌だけを摂るのではなく、複数の菌をバランスよく摂ることが大切なのです。

Point2 特許取得のビフィズス菌「B3菌」

ぽっちゃりの人とそうでない人ではお腹の菌の構成が異なっていると言われていますが、ほっそりを目指せるビフィズス菌が近年の研究で発見されました。それがB3菌です。大手牛乳メーカーでは数多くの菌の中から、このB-3(ビースリーR)を発見し、広く使用を許されています。

Point3 1日分に1000億個の濃縮乳酸菌

毎日十分な量の菌を取入れられるよう、1日分にギュッと濃縮。
ヨーグルト10個分の乳酸菌を配合しました。

スマート菌に配合されているEC-12菌量 ヨーグルト10個分

16種類の穀物繊維

白米やパンなどの精製されたものからは摂りにくい穀物繊維がたっぷり含まれています。穀物繊維はヤセ菌の貴重な栄養源となるだけでなく、腸への刺激による便通改善も期待できます。

水溶性植物繊維

穀物由来の水溶性食物繊維のうちで、特に良質なものを厳選して配合。ヤセ菌だけでなく、善玉菌のエサにもなり腸内環境が良好に。さらに、腸の水分バランスを調整して便秘解消に役立ちます。

  • ホッとぱっくん分解酵母
  • スマート青汁
  • ぱっくん分解酵母
  • 飲むスマート菌雑穀ダイエット
  • スマート菌
  • 黒しょうが(ブラックジンジャー)×5つの黒
  • 飲んでチョーキレイ
  • 生酵素×酵母
  • 飲んでチョーキレイティー
  • シェイクでダイエット
  • 飲んでチョーローズ

このページの広告文責:株式会社イムノス